マウスピース矯正をする時に気を付けたいコトとは?

知って安心できる!マウスピース矯正治療で心得ること

マウスピース矯正をする時に気を付けたいコトとは?

マウスピース

意外なデメリット

マウスピース矯正の場合、ご飯や歯を磨く以外ほぼ装着しなければならないため、虫歯から歯を守る唾液が流れにくくなります。従来の矯正治療に比べると、虫歯ができやすい環境といえます。そのため、食後は今まで以上にしっかり歯を磨く、甘い物をできるだけ控えるなどの対策が必要です。また治療中にできた虫歯が小さい場合は、矯正治療と平行して治すことができます。名古屋でマウスピース矯正をする際は、虫歯治療についての話も聞いておきましょう。

歯型

マウスピースの装着時間について

基本的に、マウスピース矯正の場合は一日20時間以上の装着が必要となります。自由に取り外しができる分、どうしてもサボりがちになりますが真面目に取り組めば、治療期間は長引きません。

効果が出やすい歯並び

  • ガタガタ歯並び
  • 八重歯の治療
  • 出っ歯