最新の歯科治療ならひどい虫歯でも治療することができる!

歯科での経験がトラウマになることもある

歯科に行けず、歯をダメにする話はよく耳にします。原因は歯科治療のトラウマです。歯科恐怖症を発症することで、眠れなくなる、不安を感じパニックに陥る、足がすくみ動けなくなるなどの症状が出ます。この場合、最新治療を提供する歯科への受診が必要です。

放置はゼッタイダメ。なぜ歯科治療が必要なのか?

口元

昔の治療とどう違うのか

品川や麻布十番の歯科では、筋肉内鎮痛法を利用しているので痛みを感じることなく治療を受けることができます。完全に意識がなくなるわけではないので、歯科医師に要望を伝えながら治療を進めることができます。また、筋肉内鎮痛法をした後は麻酔による痛みをほぼ感じないため、痛みに対する不安が強い人に適した最新治療といえます。

最短治療が可能になった

仕事が忙しく、歯医者に行くことができない、小さい子供がいるので、外に出られない。こういった場合は品川の歯科で行われている最短治療がおすすめです。治療時間を多めにとり、一回で完了するというものです。一日だけ時間を作ることができるならチャレンジしましょう。

歯科医師たちの技術が高い

麻布十番の歯科では、歯科大学の博士号を取得した歯科医師が先頭に立ち、若い歯科医師の育成を行なっています。さらに、リーダーを務める歯科医師は有名大学二つの教鞭を持つ、非常に優れた人物です。このような歯科医師から指導を受けることで、若い歯科医師は自然と高い技術力を得られます。

治療費について

保険適用内で歯の治療をする場合は三割負担ですが、自費治療の場合は、適用されないため若干高くなります。例えば、虫歯治療に使うインレーをセラミックにした場合費用はおよそ4万円から5万円です。お金に余裕がある人は考えてみましょう。

こういう人は要注意!

  • 歯茎から出血する
  • しみる歯がある
  • 歯がぐらつく
  • 顎の疲れが気になる
  • いびきが気になる
  • 口臭を指摘された
  • 何年も歯科を受診していない

放置すると健康を害する

虫歯や歯周病を放置すると、症状がさらに進み健康を害する恐れがあります。健康でいるためにも、積極的に歯科を受診しましょう。

まずは相談

歯が痛い、しみる、出血が見られる、普段の生活で気になることがあるなどの相談は、歯科医師にしましょう。今後のことを丁寧に説明してくれます。